htoko’s blog

アラフォー会社員、女、バツイチ、子供なしの忘備録

婚活 男女の色恋沙汰 それは容赦ない

昨日会った男性の話。忘備録って決めたんだから、ここでつぶさに書こうと思っていたのだけど、なんか書けなかったです。こっそり匿名でレポしてるみたい、そんな自分ちょっとやだなという気分がわいてきてしまって

詳細でなく、もわっとした感じで気持ち整理がてら書くことにします

 

普通に生きていればわりと平穏な昨今、婚活、ていうか男女の色恋沙汰(色恋沙汰 笑)って、心への負荷のかかり方が結構ありますよね。喜びも大きいけどダメージ率も大きく、アタマを使う率も高く、プライドとかでとりつくろいようもない、容赦ない感じがありますよね。

振られる→悲しい(自分全否定)

浮気される→うそでしょう(ショック、人間不信)

自分は好きでないのに相手に好かれる→どうやって断わろう(良心の呵責)

もう一回会いたい→自分からメールするのはどうか(プライドを捨てるべきか)

セックスしたい→やり逃げされたらどうしよう

子供産めない→あんた対象外(自分全否定)

若くない→お帰りください(プライドずたずた)

私より若い女に取られた→仕方ない(嫉妬、虚無)

メールの返事ない→ごめん察してってことか(失望)

メール書くの億劫になってきた→ごめん察して(良心)

…って、何を箇条書きしてるんだか 笑

 

浮気・不倫のダメージって、「男って浮気性で…」とか、男の性癖・習性の一般論でなく、要は「信頼しきってた人に裏切られる」ということですよね。自分の親とか…自分の子どもとか…肉親でなくても

超仲良しの大親友と彼氏が実は付き合ってた…とか

二人三脚で一緒に苦労してきた同僚に資金持ち逃げバックレられる…とか

 

人間不信になるよね

 

就活や転職も頭を使うし、心も消耗しますが(面接落ち続けるって、オマエ!いらない!って否定され続けるってことだものね)、エントリー、筆記、面接、最終面接、とか、ある程度「ここをクリアすればその先に進める」的な、可視化される道筋がありますよね。

 

婚活、道筋ないから 

全部自分で決めるしかないから

 

昨日、初対面の男性と待ち合わせて、仕事が押したらしくて20分ぐらい待たされ、その待っている間、なんかそういうことを考えていました。

 

まあ仕事だから仕方ない(自分もそういうことあるし 仕事しててよかった)

遅れてきて悪びれなかったらどうしようかな

店予約してないとな。そっか…

あーでも美味い店だな これはポイント高いな

話すの私ばっかだな。思ってたのと違うって思われたかな

「今度は○○しましょう」って言われたってことは次もってことかな。社交辞令かな

……

 

ってことを、ぐるぐるずっと考えているわけですよ

私もう若くないので、減点法で考えるのはやめるように気を付けているんですが(うわー、ないわー、とかナニサマ)、「この人と進んでいけそうか」とかは、やっぱり全力でぐるぐる考えるわけですよね。婚活の本気度も情報ゼロから聞くとこから始まるし、それが本音かも、全部自分で判断して決めるわけです。進もうと決めたって、相手もそう思ってくれないとだし。コミュ力、鍛えられるわ~

 

就活も婚活も、ダメだったとき、こう考えるといいという思想がありますね

「縁がなかった」

そう、人間関係だけはどんなにアタマで考えて策略練っても、ダメなものはダメなの

 

「約束して、会う」一つとったって、いくら誘うのに感じのいいメール文面考えたとしても、あんまりそれは関係なくて、その日の気圧が低かったとか、仕事でむしゃくしゃしてたとか、ホルモンバランスの調子が良くてご機嫌だったとか、いろんな要因で人の心なんて変わるもんだ

 

だから、あまり深く考えず、一期一会を楽しもうという気になってきました

昨日の人とも、楽しかったよ 

仕事とか生まれ育ちとか、自分の知らない世界の話を聞くわけだし、基本私そういうの聞くの好き。自分のことあまり聞かれなかったけど、それってどうなのかな、興味ないのかな、単にシャイってことなのかな。あーまたぐるぐるするから、深く考えるのよそう。

 

f:id:htoko:20170226005421j:plain

わかんね 寝よ寝よ(和歌山のパンダちゃん 5年前かな)