htoko’s blog

44歳会社員、女、バツイチ、子供なしの忘備録

寂しくない正月(備忘録)

2018年1月1日、両親との新年あいさつを終えたSさん、再びうちに来る。今日は私が取り寄せた宮崎牛ですき焼きの予定。ところが、うちの地元のスーパーが元日開いていると調べておいたのは誤報で、開いていない。ピンチ。Sさんちの方の開いてるスーパーで、春菊、シイタケ、ガスコンロカセットなどを買ってきてもらった。30日に買った自転車で駅まで迎えに行った。

すき焼き鍋がないので久々土鍋ですき焼き。土鍋、古くて汚くなっちゃってるので後ろめたかったけど何も言われず美味しそうに食べてた。実家でも大晦日すき焼きだった、いろいろな人に支えられたありがとうですよ、と言われた。美味しすぎて最後の肉を食べたことしか記憶がない。

2日、近所の神社で30秒ぐらいで初詣してから、秩父宮ラグビー場へ。大学選手権の準決勝、大東文化VS明治、帝京VS東海を見た。せきとりでSさんは緊張していた。この席どうなのと言い合っていたら、前に座っていた東海推しのおとーさんが「ここは特等席だよ」と教えてくれた。後ろの男二人組のオタク解説ぶりが面白くて、しばらくネタにした(箱根駅伝までネット見て実況してた、飛んでいる雀を見て去年は鳩だった、とか、、、そこまで解説するか~)。ラグビー楽しいけどまだまだルール難しい。

身体が冷え切ったので好きな散歩はやめて、千駄ヶ谷まで歩いて新宿に出る。ビックロヒートテックの手袋を買ってくれた。いったん戻って、店員に値段切るように言ってくれた。

新宿二丁目の店に行ってみたけどさすがに2日は休みだった。歌舞伎町の私が知っている台湾料理の店で牡蠣の好きなSさんのために牡蠣オムレツを頼んだ。Sさんは美味しいと言った。それから私が一度行ってみたかった串カツ田中に行って、さらにもう一軒行ってしまった。ぶっちゃけた話がしたかったみたいで、年収とか貯金の話をした。確かに酒が入らないとなんかそういう話できなさそうな私たち。マンションの話も初めてしたけど私は酒のせいでよく覚えていない。

3日は私が実家に帰った。4、5はSさんが仕事、6、7で福島県に1泊旅行に行った。

寂しくない大晦日

Sさんも私も28が仕事終わり。

29、地元の駅ホームで待ち合わせた。車両に乗ってたのでそのまま乗って、12キロ歩いた。途中美味しいパスタ屋に寄った。1460円のパスタセットを食べて、川沿いをずっと歩いた。珍しい駅があって踏切でSさんは急に撮り鉄になっていた。息子さんも娘さんも元嫁の実家に行ったが二人ともインフルエンザとのことだった。「センスないけどあの子たちらしい」と言っていた。

 

前から行きたいと言っていたせんベロ系の店を案内したらSさんは喜んでいた。案内すると言っていたのは、そういや付き合う前、私がこの駅にいたときラインしたんだったなと思い出す。

 

クリスマスがクリスマスらしくなかったので少し残念に思っていたけど、伝わったのか財布を買ってくれるという。でも遠慮して買ってもらわなかった。甘え下手に、おごり下手。

 

昨日は近所の製麺所でうどんと蕎麦、大トロとカンパチを買って、作っておいた牛筋の煮込みと一緒に食べた。今日は仕事処理とかで実家に帰ってしまったがまた明日来る。

 

Sさんが来ると、楽しいけど家事やご飯のことでせわしなくなる。ちょっとイラっとして伝えてしまうこともあるけど、窓を拭いて結露防止テープを張ってくれたり、自転車買うのずっと付き合ってくれたり、あとでそういうの気づく。

 

年末年始は嫌いだったけど、数年ぶりに楽しく感じた。Sさんに感謝したい。

広告を非表示にする

家事分担からの…アジア屋台飯普及を訴えたい

「一人で皿洗ってるときは何とも思わないのに、皿洗ってるときに横で夫

がテレビ見て笑ってると腹立ちますよね。同じ労力なのに」

「わかる」

新婚の後輩との会話。新郎の彼は家事をしないどころか散らかすんだそうだ。

 

家事分担。結婚時、なるべく衝突したくないから気持ちを逃し逃し、共働きながら妻の私が分担多めでやっていた。子どもいないしオトナ2人だし…と、自分をだましだまし、満員通勤電車で帰って自分は適当に食べて、風呂・掃除・洗濯、22~23時仮眠、ご飯作って24時帰宅夫を迎え寝る、翌朝は夫が寝てる間に出勤。

 

疲れが徐々にたまって、余裕なくなってイライラして、今思えば離婚の遠因になったと思う。安野モヨコ美人画報」の名言が浮かぶ。「自分が働いて疲れてるのに、働いて疲れた男を癒やせますか?」(確か)

 

それは男女関係なくて、奥さんが育児ノイローゼという男子は昼休みに会社近くのスーパーで買い物をして会社の冷蔵庫に入れ、すっ飛んで帰りご飯も作る。稼ぐ&家事・2人の育児を一手に引き受けてて、さぞ大変だなあと思っていたら、「昼ごはんの皿も洗わずシンクに残してある」「食べたものをシンクに持ってってさえくれない」

 

…なんとかその状態を改善してはもらえないのか?

 

育休から復帰で絶賛子育て中の友達は満員電車で帰ってスーパー寄って作って、、って毎日やってしんどいって嘆いてた。

 

家事って得意不得意があって独身でもテキパキこなしちゃう人もいれば家にいても苦手な人もいる。でもさー、でもさー、、これだけ家事分担、仕事との両立に悩むカップルが多いんだからさー、何とかならないかと思ってるんだけどさー、、、

 

それで私が思ったのは、台湾の屋台飯。台湾て「食べることだけストリート」がいっぱいあって外食が発達。台湾の友達によると、共働きだから外食か持ち帰りが当たり前、シンクは小さいし若いカップルは料理作れない子も多いとか。

 

安く美味しい、プロの作った出来立て屋台ご飯。日本も食品衛生法とか何だかで路上でお弁当売るのも規制があるらしいけど、日本よりもっと暑いタイとかでも屋台飯文化なんだし、日本でもぜひ。「仕事帰りにスーパー寄る」「作る」「片付ける」がなくなり、そうとうカップルの負担は減るよ。

 

もちろん、手作りしたい人はすればいいけど「でき合いは手抜き」「手作りが愛情」文化から脱したらどうだろう。まあうるさい姑や夫がいる以外は自由にやりゃいいんだから気にしないで冷凍チンすればいいけど(冷凍食品も相当美味しい)

 

妻だった時代、私の中にも無意識に、潜在的に「手作りが愛情」みたいのがあったから。それで疲れてイライラしてたらあれですよね。

 

以下、台湾で食べた屋台飯。200円以内、安い、美味い。薄味で少量だから健康によし。素晴らしい☆

f:id:htoko:20171214234405j:plain

台北の麺線

 

f:id:htoko:20171214234417j:plain

嘉義の鳥飯 超絶美味

f:id:htoko:20171214234426j:plain

 

f:id:htoko:20171214234430j:plain

台南の粽(ちまき)

f:id:htoko:20171214234439j:plain

f:id:htoko:20171214234454j:plain

f:id:htoko:20171214234459j:plain

これは台北の朝ごはん 

 

f:id:htoko:20171214234512j:plain

 

 

f:id:htoko:20171214235031j:plain

 

自分の中の暴力性

先週末は有楽町三省堂で待ち合わせして築地で海鮮丼たべて有明まで歩いてお台場レインボーブリッジを歩いた。途中UFOのような謎の物体を東京湾上空で観るも「ヘリコプターかドローンじゃないの」と一蹴される。途中手をつないだ。月島、有明、無機質なマンション群(失礼)や無人豊洲市場、まっすぐ伸びるアスファルトの道を歩きながらずっと歩いていたいと願った。

f:id:htoko:20171213120605j:plain

田町に戻ってまず17キロ歩いた疲れを癒すべくせんべろ系で一杯、「パテとワイン気分」というのでネットで探したワインの店へ。「美味しくて幸せ」と言ったら「好きな人が幸せと言ってくれるのがうれしい」と言っていた。

うちの近くのせんベロで3軒目。3軒で一人6千円いかないぐらい。彼(Sちゃん)は牡蠣が好きらしく牡蠣酢をお代わりしていた。一皿200円。

いい天気で楽しい週末なのに、自分ちで、ちょっとした言い方が気にくわなくてすごい泣いて怒ってしまった。酔っ払いとはいえ、確かに腹が立ったとはいえ、自分の中に、幸せな一日をぶち壊す暴力性が潜んでいるのかと怖くなってしまった。今でも怖い。なんで怒ったんだろう。

次の日、恐る恐る聞いたら「なんとなく覚えてるけどあまり覚えていない」。向こうも酔っぱらって忘れててほしい。覚えてるけどそう言ったのかもしれない。

f:id:htoko:20171213120429j:plain

f:id:htoko:20171213120442j:plain

f:id:htoko:20171213120459j:plain

f:id:htoko:20171213120515j:plain

f:id:htoko:20171213120527j:plain

f:id:htoko:20171213120530j:plain

 

広告を非表示にする

ごぶさた

結果として初めての旅行にいってよかった。

 

暑い大阪でフリー切符を買って、フリーだからと臨海ライン?的なのに乗って、天王寺あべのハルカス上って、鶴橋で焼き肉食べて。

 

離婚の心労で10キロぐらい体重減ってそのままの彼が美味しそうに焼き肉食べて冷麺まで平らげて

 

それをみているのが幸せだった。

 

臨海ラインは空飛んでるみたいだった。

 

これがピークなんだったとしても、これがピークだったらどうしようってピーク時に不安になるってばかみたいだよね。

 

楽しい日々が来たので私は書けなくなったと思った。

 

文才がすごいあったのに結婚して穏やかになったら書くことがなくなったと言っていた先輩がいた。それはその通りなのだと思うし、誰も悪くない。よい悪いの話でもない。

 

 

初志をできたら貫きたい。備忘録、頑張ります。

広告を非表示にする

初めての旅行に

行くことになった。といっても私の出張が金曜なのでそれにくっつけて土日で、普通なビジネスホテルで。

私酒飲まないとこっぱずかしいんだよね。

どうしよう、相手もお酒好きだから永遠にこっぱずかしさに勝てない、、、

あとさ、男女って付き合いはじめが一番楽しいよね。

あとは「あの頃はよかった」って、今この瞬間を振り返るのかなーとか

ついいろいろ、考えてしまって、、、

 

マイナス思考になってはいけないな

過去にとらわれないようにしよう。

f:id:htoko:20170801233810j:plain

広告を非表示にする

新展開その後

既婚者に紹介された彼と付き合う雰囲気になった。

離婚してから苦節、、何年だっけ、、、

バツイチ同士なのと、年上っていうのが新鮮。

でもまだ緊張するので、ちょいちょい会って、ゆっくり分かり合って行こうと思います。

いろいろ頑張れる気がしてきた。

 

それでいろいろで、仕事でどうしても元夫の会社に連絡を取らないといけなくなり、電話やだから代表メールにメール。知らない女の人から返事来た。よかった。元夫には何の感情もないけどこっちから連絡した体なのが嫌だ。

 

広告を非表示にする